オススメ

警察官

警察官は、地域の治安維持や住民の安全確保のためさまざまな業務を行います。近年、犯罪の国際化やハイテク化が進み、警察を取り巻く状況も厳しくなってきています。警察に採用された場合、すぐに警察官として働くことはできず、警察官としての心構えや職務遂行に必要な知識や能力を身につけるために警察学校に入ることになります。警察官にはさまざまな部門がありますが、まずは基本となる交番勤務として配属されます。道案内から落し物、巡回業務や防犯などさまざまな業務があるため、求められる能力も多く、特に体力に優れていることは重要です。

消防官

消防官は、火災が発生した際の消化活動や人名救助を行うほかに、日ごろから火災の予防や対策活動を行います。さらに、救急隊員などをはじめ、医療機関との連携も重要となります。消防官には、体力も求められますが、迅速な行動力とどんな場合でも冷静な判断をできる強い精神力が求められます。


▲pagetop